運転免許をとるには

運転免許を取得するには?

まずは教習所

運転免許を取得するためには、まずは教習所に入所を申し込む必要があります。

厳密には教習所に行かなくとも本試験に受かれば取得出来るのですが、学科はまだしも技能の方は限りなく不可能に近いと言えるでしょう。大きな所有地がありそこで練習をすれば可能性はあるかもしれませんが、そんな人はほとんどいません。

教習所では、卒業検定として技能試験があります。これに受からないと卒業出来ないわけですが、ほとんどの人が一発で合格をします。たとえ落ちても期間内であれば何度も受けられますので、諦めなければ卒業をすることが出来ます。

入所をしてから卒業までの期間は人によって異なりますが、通い詰めれば1ヶ月以内も十分可能です。

またもっと早く取りたいという人には、合宿免許がおすすめです。合宿免許なら最短で二週間程度で取得をすることも可能で、宿泊費などが含まれているにも関わらず料金は通学よりも休めです。まとまった時間がないと難しいかもしれませんが、学生ならば夏休みや冬休みを利用出来るのではないでしょうか。

 

費用を節約するには

運転免許を取得するには、学科試験技能試験に合格をする必要があります。

学科試験はそれほど難しい内容ではないのですが、かといってまるで勉強をしていないと必ずと言っていいほど落ちてしまいます。油断をせず、きっちりと勉強をしておきましょう。

そして技能試験の方は、教習所を卒業すればパスをすることが出来ます。とは言っても教習所の卒業検定が技能試験なのでどの道避けられませんが、それまでの教習で卒業出来るだけの技能は身に付いているはずなので、落ち着いて運転すれば大丈夫です。

反対に、教習所に通っていない人が本試験の技能試験に受けるのは至難の業です。というよりも、所有地で普段から運転しているような特殊な状況にある人を除いてほとんど不可能と言えます。

教習所に通わずに免許を取得出来れば大幅な費用の節約となりますが、おすすめをすることは出来ません。それでも費用を少しでも節約したいという人は、合宿免許への申し込みを検討してみましょう。